How to drink coffee-milk.

2015.06.22(月) 14:00

異国の地の文化に触れるのはワクワクすることであると同時に少し勇気がいることだと思います。

たとえば、自分が初めて行ったイギリスのパブ。
美味しいビールが飲めると期待して席で待っていましたが、一向にお店の人はやって来ません。
パブでは入ってすぐにカウンターで注文をし、ドリンクを受け取ってから席に向かうんです。
あの時は親切に教えてくれたおじさんがいて助けられました・・・^^

有鄰庵には海外からのゲストさんもたびたび訪れます。
旅慣れしている人も多く、みなさん日本のことを楽しんでいるようです。
異文化体験にも積極的にトライしているみたいです。

ドイツからやってきたゲストさんもその一人。
有鄰庵にやってきた彼が行こうとしていたのは・・・

銭湯!

有鄰庵から歩いて7分くらい、倉敷美観地区のほど近くに〈えびす湯〉があります。
地元の方や有鄰庵に泊るゲストさんもよく利用しています。

えびす湯



彼が向かおうとしているのもここ。ところが、彼は何となく自信がない様子。
普段はシャワーで済ませるヨーロッパの人にとっては、何人もの人が同じお風呂につかるというのはハードルが高いそうです。

というわけでそんな彼と一緒に銭湯に行ってきました!
お風呂セットを片手に夜の美観地区を歩いていきます。
「sentoとonsenって何が違うんだい?」
「お風呂ってめっちゃ熱いってホント?」
と矢継ぎ早に続く質問に答えていると、気付けば男女で別れた暖簾の前に到着。

番台でお金を払い(隣が見えちゃう!と彼は驚いてました)、服を脱いで、体を洗って、いざお風呂へ。

彼は熱めのお湯におっかなびっくり入っていましたけれど、次第に慣れてきてリラックスしていました。
心もほぐれて会話も弾みます。年の差も出身もいっさい関係ないざっくばらんなおしゃべり。
これぞ裸の付き合いってやつですね。
「naked-communication? いい文化だね!」と彼は言ってくれました。

銭湯のマナーをあれこれ教えていた自分が
お風呂上がりはこれを忘れちゃダメ、と最後に彼に教えたのが
風呂上がりのコーヒー牛乳
ビンを片手に!もう片方の手は腰に当てて!ごくごく飲む!!
あいにくコーヒー牛乳が売り切れていたので牛乳で代用しましたけれど、
「今までで一番おいしい牛乳だったよ!」と大喜びでした。
最後のはあくまでオマケなんですけれど、初めての銭湯を楽しんでもらえてうれしかったです!

お風呂効果かその夜はとてもぐっすり眠れたそうです。
朝は元気いっぱいで出発していきました。

はい、チーズ!

はい、チーズ!



また来てね!

銭湯大好きうーちゃんでした。

TOPページへ

Facebookページへ

※えびす湯の画像はこちらからお借りしました
戎湯(えびすゆ)|老舗を探す|くらしき地域資源ミュージアム
http://www.kurashiki-shigen.com/web/index.cgi?c=shop-2&pk=112


カテゴリ:未分類
ご予約はこちら TOPにもどる