松山幸子

Sachiko Matsuyama

偶然という魔法に吸い寄せられ、有鄰庵に3泊の宿をいただいた、秋のこと。あの旅は、確かに私にとって転機でした。人が人と出会うことで起こる心への作用に驚いて、「東京の会社員」に限られない自分の活かし方の可能性に気付いた時期でした。あれから3年、京都で起業し、日本の伝統工芸と世界を繋ぐお仕事をしています。