特別な春の訪れ*倉敷ゲストハウス有鄰庵

2015.03.08(日) 10:10

雨の多いこの頃の倉敷。[#IMAGE|S57#]

けれど一雨ごとに暖かくなるのを感じます♪

ゲストハウスの中庭の木の芽もだんだん大きくなって

、、、だなあ、、、




ところで

3月1日〜4日の間、

倉敷にはちょっと特別な春が訪れていたのです。。。




展覧会
『倉敷 ダニエル・オストの花と心』




ベルギー王室の装飾や

世界の歴史的建造物を舞台にした作品を手がけ、

『花の建築家』『花の彫刻家』

とも呼ばれるダニエル・オスト氏の展覧会が開催されていました。


この展覧会により内部初公開となる『大原家本邸』と

春秋の年2回、特別公開される『有隣荘』が主な舞台であり、

秋篠宮さま、佳子さまも鑑賞されたということで

倉敷はいつにも増して盛り上がっていました♪




内部は撮影禁止のため頑張ってテキストで紹介します




こちらが有隣荘の様子。

列に並ぶものの、思いの外スムーズに入場。

見事な室内にも驚きですが、

まさに「彫刻」といった造形の花々が不思議に調和しています。


どこからか

「この作品はこの会場を実際に訪れてからオスト氏が創ったそうだ」。


なるほど

この場所でなければこの造形になり得ないと思うと

作品ひとつひとつが更に興味深くなるものです。。。








こちらは大原家本邸の入り口。


立派な日本家屋、日本庭園のなかに西洋的な感覚が入り交じっており、

互いに共存しているみたいで

世界平和、、なんてことをぼんやり考えたりもしました。










大原美術館の中庭の作品もどこか日本庭園風。







よく見ると

見覚えのある色合いのタイル。








きっとこの作品はどれも

この倉敷でしか出会えないもの。

オスト氏の心を色々に想像しながら、

東洋でも西洋でもない世界を歩くようでした。






倉敷ゲストハウス有鄰庵のHPはこちら☆
倉敷ゲストハウス有鄰庵のFBはこちら☆













ご予約はこちら TOPにもどる